30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

見つけてしまいました。

あああ。
見つけてしまいました。

私が最初にホームページを開設した当時、私が好きだったイラストサイトさまを。
ふと気になって、当時のサイト名で検索かけてみたんですよ。そしたらちゃんと引っかかってくれました。
懐かしいです。今も変わらずあの脱力感でいてくれて。
『IMAGINARY DRUG』の連載初期の読者様であり、でも最後まで読んでもらえなかった(おそらく)という少し悔いの残る唯一の人。一方的な片思いだったんだなぁと、離れていかれてから気付きました。

ネットでの、意思疎通の難しさを教えてくれた人です。



掲示板でも滅多に(本当に数回程度)しか会話をしたことがなく、ただお互いのホームページを行ったりきたりしている間柄だったのですが、まさき様にはたくさんのことを教えられたような気がします。

文章というのは、読んでいる相手と直接対面できない分、余計に気を使わないといけません。
そういう意図がこちらになくても、表現力の未熟さのために、相手に不快な思いをさせてしまうこともあります。実際、そうだったかといえば確かめることも出来ないのですが、私はその人の言葉からそう感じました。

でも、私はまさき様のイラストが大好きです。
カエルにしても、○だけの抽象画にしても、ショートカットの子にしても。
たまに毒づいたことを言っていたりもしていましたが、私はその絵で癒されていました。

イラストでもテキストでも、ユニセクシャルな表現をされる方に引かれる傾向があります。
私が表現できないから、羨ましいのかもしれません。
「女らしさが足りないなぁ」とはよく思うものの、やはりソフトもハードも女で生まれて生きているので。

こんなこと言ったら鼻で笑われるかなぁ。まぁ、絶対に見ることはないと思うけど(検索引っかからないようにするため、サイト名は挙げません)。
言っちゃってもいいのかぁ。
ごめんなさい。先に謝っておきます。

  私と、考え方が似ていると思ったんです。
  おそらく同じ年代で、何かをやりたくて、でも何も出来なくて。

でも、久しぶりにホームページにお伺いしてみたところ、私より前を歩いている感じを受けました。まぁ、一番最初っからそうだったんですが。
リンクしたいなぁ。でも、こっちが見つかるのは恥ずかしいなぁ。

という、まぁ、片思いです。最初っから最後まで。たぶんこの先も。
もっと私が積極的な人間だったら、ちゃんと意思疎通が出来たのかなぁ。
オフでも苦手なものが、オンで得意になることはないんですね。
[PR]
by chiku-nao | 2005-03-31 16:11 | つぶやき