30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

電車で泣く女ってどう思いますか?

昨晩はちょっと、泣きたいことがありまして、研究室を飛び出たところからずっと泣きながら家に帰りました。
いやぁ、別に、誰に泣かされたわけでもないのでご安心を。
言うなれば、自分に、ですか。

話している時から本当は泣きたかったし、実際泣き顔だったとは思いますが、ここで私が泣いてしまったらさらに相手を困らせることになると思い、必死に泣くのを堪えていました。今日になって思えば、泣いても泣かなくても十二分に困らせたことは変わらなかったように思いますが。

まぁとにかく、相手を困らせている自分が酷く醜くて、どうしようもない思いをしながら夜道を歩いていたわけです。
途中、雨が降ってきたので、折りたたみの傘でカモフラージュもしました。
駅までの道のりは、でもまだ目に涙を溜めている程度だったのですが。

しかし、そのテンションのまま地下鉄の階段を下ってしまい、トイレで態勢を立て直すこともなくそのままホームへと行ってしまいました。
これが、間違いでした。

一度流れた涙は止まることなく、さらに「誰も私を知らない場」というのが悪かったのか、涙はボロボロと滴り落ちる一方です。
幸い私の髪が長いため、俯きながら髪で顔を隠していたのですが、かなり不自然な女だったと思います。鼻水は止まらないし。
これが、失恋とかならまだ女の子らしくていいのですが、涙の理由が「何も出来ない自分が悔しい」という極個人的ものですからね…、たち悪いです。

結局そのまま家に帰宅。
何もなかったかのようにさっさと遅い夕飯を食べ、すぐに部屋へ。
ヒックヒックと声出しながら一晩泣いて、いつものように翌日はすっきりと目覚めました。

今日の目の腫れは、ほんとにひどい。
夜中に泣くもんじゃないと思いつつも、そうすることでストレスから解放されるのだからしょうがないです。
ストレスの原因は、今朝解決策をネットで見つけて無事に終焉を迎えられそうです。

ようやく日々の業務に移れます。
一日で直るなんて、これは特技と言ってもいいのかな。
[PR]
by chiku-nao | 2005-09-10 15:34 | つぶやき