30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

名古屋ぁぁぁ!!!

初名古屋は就職活動でした。

名古屋駅から地下鉄に乗って地上に出た時、そこは何故か白いゴミのようなものが舞っている世界。

・・・・・・雪!?

粉雪が舞ってました。
風を正面に受けながら歩いていた私の茶色のコートは、いつしか白い水玉コートに。
メガネにも雪が直撃し、街中でメガネを拭く始末。

そんなこんなで会社に入り、案内された部屋の扉を開けると、
「あれ? 久しぶり」
みたいな。

大学院の友達がいました。
東京の大学では滅多に顔を合わせない彼女と、名古屋で遭遇。
まぁこれは、この狭い医薬品業界ではよくある話なんですが。

数分後、先に面接を終え戻ってきた人を見てさらに驚き。
「どうも」
みたいな。

前回の会社説明会で会った人。
それだけなら別に普通なんですが、ちょっとその人は忘れられない人だったので。
ってこう書くと、恋愛感情絡みに思われますが、それは否定します。
核内レセプターで有名な研究室の人で、その前日に私、先生から核内レセプターについて調べるように言われてたんです。
だからちょっと彼のことを思い出していたところだったんで、なおさらびっくりでした。

面接はというと、
何故か面接官は終始笑い顔。
どうやら私の返答がおかしかったらしいです。
どうも私って、普段絶対に笑いをとろうなんて思わないのですが、こういう時だけはサービス精神が沸くようで・・・。
ちょっと抜けた女の子を演じていたような気がしないでもない・・・。

なんで私、面接の時にそんなチャレンジしてんだろう。


帰りは名古屋城でも観て帰ろうと思っていたんですが、寒かったしなかなか城が見えなかったので名古屋城は写真を見るだけであきらめました。
でもその代わり、愛知県庁は見てきましたよ。
城みたいでした。

愛知県警も見たかった。
小説の登場人物がそこにいる錯覚を楽しみたかったのに。

しかし、
愛知に那古野市がないというのは残念。
那古野は名古屋市西区の地名らしい。
実際の那古野は地下鉄で通り過ぎていたのね。
降り立ってみたかったです。
[PR]
by chiku-nao | 2006-02-11 11:16 | 就職活動