30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

★ UNDER GRAPH ★

ゼロへの調和
アンダーグラフ 島田昌典 真戸原直人 / フォーライフミュージックエンタテインメント
スコア選択: ★★★★★


『ゼロへの調和』というアルバムの、『パーソナルワールド』と、『白い雨』と、『忘却の末、海に還る。』と、『君の声』と、『シュノーケル』と、『ツバサ』という曲が好きです。
好きというにはちょっと、たくさん挙げすぎてしまいましたが。

勝手に拙作『IMAGINARY DRUG』のドラマ(アニメ?)のテーマソングにしたいなぁ、と思っています。
どうも私、夜の雰囲気が好きなんです。
都会の夜。きらびやかな夜のイメージが。
あの作品も主に夜しか出てきません。
このアルバムの曲(私が挙げたもの)も、夜のイメージがぴったり。ちょっと影のありそうなところもまた私好みで。

できればオープニングは『忘却の末、海に還る。』で、
エンディングは『ツバサ』がいいです。

でも、『忘却の末、海に還る。』は出だしがさわやかすぎるか。
そしたらやっぱり『パーソナルワールド』か『白い雨』かな。
個人的には『パーソナルワールド』のイントロのが好きだからこっちにしようかな。
サビとリズムが好き。特に、バッグミュージックが軽くなる部分が。

エンディングは、夜の都会の画が引いていくと同時に、『ツバサ』のイントロが始まって・・・。
あ。『君の声』でもいいかも。
オープニングもエンディングも画はクラケンさんかなぁ。
・・・となると、彼が主人公になってしまうか・・・。


とまぁ、一日こんな妄想をしていたわけですよ。
痛いとか思わないで下さい。こんなもんですよ、人間なんて。

どうやら、私が思っていた以上にこの作品が好きだったみたいです。
あれで終わりにするのはもったいないし、続編でも作ろうかな。
考えていたのは、あの怪しげな薬を創る側のお話。
『IMAGINARY DRUG』が卸と小売店だったから、次はメーカーとCRO(開発)で。
ていうか、研究者とモニター。

うーん。
現場のことがもっと知りたいなぁ。
製薬企業は潜入調査(就職)できないんで、やっぱ小売店か卸かな。
[PR]
by chiku-nao | 2006-03-31 23:14 | つぶやき