30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

研究室で写真発見!!

私が大学4年生の時の研究室旅行のアルバムが出てきました。

これ、絶対、私が卒業する時に持ってかえります!

だってみんな、この写真の存在忘れてるし。

あの写真に写っている人の中で今も研究室に残ってるのは私だけだし、私が自分のものにする権利はあるよね?


・・・。
やばい。
懐かしい。
写真見るだけで思い出に浸れる・・・。



会いたい。
みんな、何してるんだろう。
会いたいなぁ。
・・・ほんとに。

私は人の輪の中に入るのが苦手で、小さな輪なら入りやすいのですが、大きな輪には入れなくって、
一人の人と話すのは大丈夫でも、みんなの前で話すのはダメで、
みんなが私なんかの話に耳を傾けていると思うだけで気分が沈むような子で、
だけど、
研究室の人たちはみんな大人で、みんながみんなに気を使える人たちで、
みんなに均等に話しかけてくれ、話を聴いてくれ、
楽しくて、優しくて、安心できて、
はしゃぎすぎもせず、静かすぎもせず、非常にバランスのとれた人たちで、
たった一年の付き合いだったけど、
私はみんなともっと話したかったし、
話を聴きたかったし、
一緒にいたかったと思います。

去年の4年生を見ていても、
今年の4年生を見ていても、
やっぱり一昨年の私達が一番いい子だった気がする。

あの頃はよかったなぁ・・・。
4年生も院生も先生も、みんな仲良しで・・・。

先週の土曜に、先生に言われたのですが、
この研究室の歴史の中で、私が一番被害にあっていると。
激動の時代の中にいると。

いやぁ、そのとおりですなぁ。
ここまで変わるのを見られるだなんて。

教授がいて、急にいなくなり、しばらく教授不在で、新しく教授がやってきて、
助教授がいなくなり、院生も少なくなり、その年の4年生は態度悪くて先生と不仲で、
ドクターがやってきて、仲良くなって、家にも遊びにいって、一緒に花火も観て、
助手だった私の先生が講師になり、いつのまにか私もM2になり、
仲良くなったドクターもいなくなりそうで、先生はやっぱり愚痴だらけで、
教授の権力は増し、何やら壮大なプロジェクトが動き出しそうで・・・。

学部卒業前に同級生のある男の子が私に「研究室に残るだなんて偉いよ!」と言っていた言葉をようやく実感いたしました。

あぁ。
会いたいなぁ。
みんなに。

きっと、
集まっても大した話もせずに、特に盛り上がることもなく、
静かに誰かが話して、みんなが聞いて、笑って、
またねって言って別れるんだろうな・・・。
「頑張ってね」って、声掛けてくれるんだろうな・・・。

会いたいなぁ。


みんなが帰った後、研究室の中の棚漁ってたら、
懐かしいアルバムが出てきました。
別にそこまで毎日辛くもないし、何気に先生には好かれてるし、教授も気を使ってくれているから居づらくもないけど、
写真なんて見てたらちょっと世界に入りたくなってしまいました。

ただ、それだけ。
[PR]
by chiku-nao | 2006-04-03 23:30 | つぶやき