30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Yahoo! JAPAN 文学賞だそうで。

昨年からYahoo! で始まったこの企画。
1回目のテーマは『あした』で、2回目となる今回のテーマは『メール』だそうです。
6000~8000字の短編での応募。
去年は見送ったのですが、今年はちょっと、やってみようかなぁ、と。

メール。

メールといえば、
携帯メール、Eメール、写メ、迷惑メール、メールマガジン、メーリングリスト、間違いメール、メールフレンド、空メール・・・

この前ネット小説で、メールマガジンのミステリー物を読んで、ちょっとした衝撃だったんだよなぁ。
メール内容だけで成り立っている、個性的な形態の作品。
メーリングリストってのも、題材としては面白いかもね。

宮部みゆきさんの作品にも、『擬似家族メール』を題材にしたのがあったっけ。
知らない人たちとのメール。
なかなか興味深いテーマです。

写メってのは、今の時代を反映してて、面白そう。
だけど、どうやって写真を文章に表すかが難しい。

出逢い系サイトで知り合った異性とのメール。
でも、このテーマで書くと、極端にエロかシリアスに走ってしまう・・・。
出来ればさわやかな作品がいいしなぁ。

自分自身に送りつけるメール。
主人公がずっと誰かに電話してたんだけど、実は自分の家にかけていたっていう小説を読みましたねぇ。
そのネタは、忘れた頃に使おう。
結構、ありがちだから、途中で見抜かれる心配あるしね。

サイトの管理人とのメール、ネット恋愛。
そんなのも、ありかな。
実はその相手が、隣に住んでる幼馴染だった、とかベタなオチつけてもいいし。


メーリングリストかなぁ。
いろいろなテーマのメーリングリストが作れるし。
やっぱり、携帯よりパソコンメールでしょ。
私はパソコンメールのがドラマ性があって題材にはいいと思うなぁ。




私が好きな形式は、

  A:メールだけの流れ
  B:日常の流れ

を交互にABABABABA・・・ってやっていくもの。
やってみたい構成です。

あと、内容はやっぱり、励まし系(?)がいいですね。
メールによって、自分が励まされるもの。
メールって、毎日してると密な繋がりのような気がするけど、簡単に関係を打ち切ることのできるものですよね。
その辺りの曖昧さ、危険性が出せればいいんですけど・・・。

携帯依存症ってのもありますよね。
携帯を手放すと、不安で不安でしょうがなくなってしまうやつ。

ネット恋愛も捨てがたい・・・。
間違いネールから始まる恋愛。メールでしかやりとりしたことないけど、好きになる。そして・・・。
いや、だめだ。ハッピーエンドにしてしまうと、うそ臭い物語になってしまう。

上記の構成を、
 A:社会人女性
 B:男子中学生
とかでやるのもいいかも。
お互い、顔は知らないけどメル友ってやつ。
全然生活が重ならないようなんだけど、実は毎日すれ違ってる、とか。

ネットやメールの利点って、本来なら出会わないような人とでも、会話が出来ることだと思う。
会って直接話すよりも、素直に話せる。
その分、相手を騙すことも簡単なんだけど。

そうか。
 A:新社会人女性→ネットでは女子高生
 B:男子高校生→ネットでは大学生

ABABABAB・・・っていきながら、最後に実は親子、とか先生と生徒、とか友達のお姉さん、とか。
裏テーマは『モラトリアム』で。
大人になりたい子供、大人になれない大人。
そんな感じ。うん、いいかも。

てか、ブログで堂々とネタ作りってどうなのよ。
まぁ、見てる人が少ないと思ってるからこそ出来るんだけどね。
[PR]
by chiku-nao | 2006-08-29 18:10 | つぶやき