30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近観たもの・読んだもの

夜のピクニック
恩田 陸 / 新潮社
スコア選択:



映画にもなってる恩田陸さんの作品。
気になったので即購入で早速読んでみました。
内容は、高校の伝統行事『歩行際』の一日です。

感想。
さすが、恩田陸。
どうしてこんな、作中に引きずり込まれるような話が書けるんだろう。
登場人物と一緒に歩き、一緒に水平線を眺め、一緒に眠り、考え、また歩き・・・。
とても爽快な青春小説でした。

この作者の生み出す独特の雰囲気、好きです。
不思議で、でも知っているような、夢か現か分からない脆い世界。
やー、さすがはプロですなぁ。
狭い舞台(場所・時間)でこんなに深く書けるのは、才能ですね。

そして私はやっぱり、奇抜な設定の作品より、心理描写が巧みな作品のがやっぱり好き。
この、読了感が気持ちいい。

さらにそして、恩田陸作品は、オカルト的なものより、ネバーランドや夜のピクニックが好きです。
私って意外と、青春ものが好きだったんですね。



笑の大学 スペシャル・エディション
/ 東宝
スコア選択:




次に映画。
三谷さんの作品ですが・・・。

これは、私には合いませんでしたね。
途中で寝てしまいましたよ。
『悲哀』がどうのって、誰かがレビューで書いていましたが、私は『笑い』を求めてこの作品を借りたんでねぇ。

たぶん、脚本家役がダメだったんだろう。
終始違和感があった。だって、SMAPなんだよ?
これが別の俳優さんだったら、もうちょっと私好みになったかもしれない。

とにかく、三谷作品は、みんなのいえがオススメ。
ひたすら笑えてよかった。
映画はこうでなくちゃ。
[PR]
by chiku-nao | 2006-10-01 10:30 | つぶやき