30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

久しぶりにマンガ読んで泣いた

スクナヒコナ 1 (1)
南 Q太 / 祥伝社
スコア選択:



これは、卑怯です。
誰だって、泣くって。
「ほえ!?」って言っちゃうくらい衝撃的なことも起こり。

でもまぁ、主人公が明るくてよかった。
もっと悩んでばかりの人だったら、この話は救われない方向に進んでいっただろうに。
人間、一人っきりでは生きていけないものなのね。

うーん、久しぶりに、恋愛ものを買いました。
以前に、『さよならみどりちゃん』を読んで、この人の他の作品、ちょっと気になっていたので。
さよならみどりちゃん
南 Q太 / 祥伝社
スコア選択:



こっちは映画化されたけど、私はこっちより今日読んだ方が好きかな。
『さよなら~』の方も、それなりに切なかったんですが、
「男なんてそんなもんじゃねぇの?」
「そんな男に惚れちゃったんなら、しょうがないべ」
というあっさりした感想を持ってしまったので、少し低評価。
『そんな男』に惚れた経験がある人には、もっと共感するところがあったかもしれないですが。

今度は、ナナナンキリコさんの『Blue』を捜し求めよう。
ナナナンキリコに、安野モヨコ、岡崎京子に、南Q太。
私の思う、大人向け恋愛マンガ家の4人は一先ず読んだぞ。
このリストに入れるとしたら、あとは誰だろう。
槇村さとる、とかかなぁ。わかんないや、このジャンル。

というわけで、こんな夜に目を腫らしながら読んでしまいました。
明日、目が腫れてたら、やだな。
[PR]
by chiku-nao | 2006-10-08 23:38 | つぶやき