30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

また邦画、というかアニメですが。

気になっていた、一部で話題のアニメ映画です。
時をかける少女 通常版
/ 角川エンタテインメント
ISBN : B000MEXAOM
スコア選択:



よかったよ!
この映画の公開時に上映していた例の作品を観るより、こっちを観た方が良かったなぁ、と思うくらいに。(後味がいいからね)

青春ものなんで、ちょっと青い部分もあるけど、
「時間の流れに逆らう」的な話が好きな私には、楽しく見れましたよ。
考えさせられることがあるって映画は、やっぱりいいね。
しかも、わかりやすくってのがポイント。

とにかく、アニメ映画だけど、
1、原作が好きで興味がある
2、タイムリープって言葉に興味がある
3、前向きに生きる話が好きだ
って人にオススメです。


以下、ネタバレかもしれないので注意。








タイムリープ。
好きな時間に行き来できる能力、でしょうか。
主人公は、この能力を使って、あっちこっちに移動したり、やり直したりするのですが、
私はこの、
「過去はやり直しできる」って考え、好きじゃないです。

過去は過去。
一度過ぎ去ってしまったら、もうどうにもならないもの。
やり直しをしたからって、本当に自分が望む結果になる保障はどこにもないんだから。

私の好きな「流星ワゴン」も、思えば同じ系統の話だったのかも。
やり直してみるけど、やっぱり思い通りにはいかない。
過ぎ去ってしまった時間は、やり直すんじゃなくて、その後をどう生きるかなんだって。

「なかったことに」なんて都合のいいことは、出来るわけないし、
出来たところで、自分に関わる人の大事な気持ちも「なかったこと」になってしまう・・・。
自分のことばかりではなく、相手の気持ちも考えないと。

そして、

時間は元に戻らないこと。
だからこそ、大事に今を生きること。
目標を持って、有意義に。

私はこんな簡単な感想を抱きましたが、きっと観た人によって、いろんな感想が生まれるんだろうなぁ。

蛇足ですが、
私、原作を知らなかったもので、
まさかあの男の子が、―――だったなんて、
見当もつきませんでしたよ。
でも、こんな設定、キライじゃないです。
「んなバカな」と思いつつも、最後にはちゃんと受け入れてしまいました。

そして、主人公が何度もタイムリープを使ってしまった、自転車の二人乗りのシーン。
彼の正体を知ってから考えると、
どういう気持ちで言ったのかなーって。
だって、・・・・・・結局、帰っちゃうんだよねぇ。
残された人、かわいそうじゃんかぁ。
[PR]
by chiku-nao | 2007-05-11 18:45 | つぶやき