30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

京都にいってきました。(三日目)

いよいよ最終日です。
この日は鈴虫寺→三十三間堂→六波羅密寺というコース。
朝食はマエダコーヒーでまたまたトーストモーニングにしました。




まずは、鈴虫寺を目指しました。
朝っぱらだし、桜の名所でもなかったからでしょうか、あんまり人がいなくてよかったです。
それに、桜も見事でした。
なんか、得した気分。



鈴虫寺では、お坊さんの話を聞いてきました。
出されたお菓子『すずむし』に、実際に死んだ鈴虫を砕いて入れているという話を聞いて、一緒に行ったお姉ちゃんがびっくりしてたのが面白かったです。

そのあと、お守りを買って、お地蔵さんにお祈りしたんですが、
願い方を間違え、さらに願い事も具体的に出来なくて、とにかく失敗してしまいました。
みんなだから、お守りを両手に挟んでいたんですね。
これは、また近いうちに新たに願いをしにいけってことなのでしょうか。

鈴虫寺のお地蔵さんには、「健康」「商売繁盛」「厄除け」の願いはしてはいけないとのこと。
「彼氏が欲しい」「結婚したい」「子供が欲しい」といった願い事を考えてから出掛けましょう。



その後、三十三間堂へ。
じっくりみてまわりましたが、同じ顔の仏像は見つかりませんでした。
それでも姉は、風神と雷神の像が見れたので満足してました。

それから六波羅蜜寺へ行く途中で、ちどりやという雑貨屋さんでお買い物。
小鳥好きな私にはたまらないものばかりでしたが、高かったので鏡だけ買いました。

六波羅密寺では、空也上人様にお会いしてきました。
口から出ているひょろひょろしてるものは、6対の仏像だったんですね。
修行中だったようです。
平清盛さんにも会いましたよ。
なんか、熱心に本を読んでおられました。

お腹が空いていたのですが、近くに建仁寺があったので、行ってみました。
レプリカですが、風神雷神の屏風と、天井に書かれた双龍図を見てきました。
写真オッケーだったのですが、何か感動が薄れる気がしたので、写真は撮ってきませんでした。

これは、斬新な掛け軸だったので、撮ってきました。
どうやらここの寺の中庭が、○△□をモチーフにしたものらしかったのですが、△がよくわかんなかったんですよね。
木が△だったのかなぁ。誰か知ってたら教えてください。



お昼のお店を探しに、祇園の小道を歩きました。

c0075195_13543613.jpg


京都らしい小道で非常によかったのですが、お腹も空いてたし人も多いし、だけど小料理屋は高そうだしで、ここでもまた喧嘩になりそうになりながら歩いてました。
姉はお腹が空くと機嫌が悪くなるってことが、この旅行ではっきりしました。

結局お昼を食べたのは、京都なのに「ミラノ」というお店。
どうしても洋食が食べたかったようで。
そこでハンバーグランチを食べて、京の旅行は終了です。

最後に、毎日見ていた京都タワーを撮影。



いつも、ホテルに帰るとき、方角を見失ったとき、「京都タワーがあっちだから・・・」というようにお世話になっていました。
ホテルが京都タワーの近くでよかったです。
迷うことなく、いつも戻ってくることが出来ました。

実はこの後、京都駅でお土産を買おうとしていたのですが、その途中で黒人演歌歌手ジェロを発見。
写真撮りたかったのですが、警備員さんに止められたのであえなく断念。
肝心のジェロの姿も、赤い帽子しか認識できませんでした。

以上で、京都旅行は全て終了です。
満開の桜を見ることが出来、もうしばらくは春の京都はいいかな・・・とおもいます。
今度は行けなかった苔寺とか、あとは人が多くてよれなかった清水寺付近の2年坂、3年坂にも行きたいですね。

思いつきからの京都旅行、
かなり満足でした。
[PR]
by chiku-nao | 2008-04-13 13:43 | つぶやき