30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

プチ執筆欲求不満です。

そういえば(いきなりですが)、下の投稿、ものすごい中途半端ですね。
気が向いたら続きを書きます。

えっと、最近なんだか、もう一つのブログ(プレ小説)の方に投稿ばかりしています。
なんか、執筆欲が沸いてしまったようで・・・。
おそらく、最近ずっと小説読んでいたのが原因なんでしょうね。


書きたいなぁ・・・。


部屋の掃除と一緒で、忙しい時ほどやりたくなる。
どうしたものか。
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-31 16:47 | つぶやき
 中学の頃から漠然と「薬剤師になりたい」と思っていた私にとって、念願の薬学部に入学し、その職業の多様性を知ってしまったことは私をさらに悩ませる結果になりました。

続きを読む
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-25 14:58 | つぶやき

砂浜歩いてきました。

ほんと、久しぶりの浜辺でした。
しかも、夜。
月は満ち、潮は引き、波は穏やか、人気はなし。
最高のシチュエーションでしたね。
隣にいるのが恋人だったら文句のつけようはないんですが、残念ながら友達とその母親でした。一緒に夜の海を楽しんだのは。

翌日は、八景島シーパラダイスへ。
水族館に久しぶりに足を踏み入れ、海の動物たちのショーなるものも観賞してきてしまいました。
そしてちょっとばかしジェットコースターに乗って、水しぶきを顔面にくらい、さらに水がかかるようなアトラクションに乗り、横浜の海を一望する展望アトラクションに乗り、最後にイルカの水槽を見上げてきました。

うーん、デートコース。

隣にいるのが恋人なら、文句のつけようがないんですけどねぇ。
友達とでも十分楽しめましたが、最後にぬいぐるみを買うのだけは躊躇してしまいました。
これは、誰かに買ってもらおうと。
手触りよくって、本気で欲しかったんですけどね、抱き枕とか。

理想の職場について、友達と語ってしまいました。
「やっぱり、理系以外の人が集まるところがいい」と。
となると、研究職は論外か。
どうしよう。本当に就職先。
やっぱり、薬剤師になろうかな。せっかく薬剤師免許あるんだからね。
病院、薬局、管理薬剤師……。

だいたい、薬剤師って身分が微妙だということにそろそろ気付き始めたM1の夏でした。
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-22 19:26 | つぶやき
今、家族が私を置いて田舎に帰っているので、これはチャンスだということでお友達を家に招待しました。

適当に近くでつくねをつまみ、お酒を買って家に帰ります。
お腹は満たされているのに「うまい○う」などを食べ、テレビ見て飲んで食べてそして大画面(プラズマ)でゲームへ。
年齢制限のつくゲーム(血飛沫アリ)を見せてもらい、それからサウンドノベルゲーム(ミステリ)を。
サウンドノベルというものがどういうものなのかに興味があったので、なかなかいい体験いたしました。まぁ。夜中だからということもあって、全く推理なんてしませんでしたが。

一回だけバッドエンディングになりましたが、それ以降は順調に進み、最後まで物語を進めることが出来ました。
まぁ、感想としては普通でしたね。こんなものかぁって。
○田一少年の事件簿みたいでした。なんていうか、ストーリー展開が。
腑に落ちない点もありましたが、それはしょうがないです。

そして今日は、ゆっくり起きて、昨日も行った古本屋へ。
やっぱりS&Mシリーズの最終話だけがなく、がっかりしながら学校に向かい、今に至ります。

平日のお泊りは疲れるなぁ。
でも、今週末のお泊りも楽しみ。

手土産は、酒にするか菓子にするか・・・。
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-17 14:57 | つぶやき

地震が・・・

研究室での地震はイヤ。
万が一大災害になった時、こんなところで死ぬのは御免です。
せめて、家族のもとで・・・。

この前の地震も、研究室でした。
まぁ、寝ている時間以外はほぼ研究室にいるようなものなので、ここで地震に遭う確率が一番高いのですが。

でも、ほんと、大震災くるのかな。
最近、怖い。
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-16 12:27 | 研究室

やや大人向け小説を。

『64億分の1』というフレーズがウザくなってきた今日この頃です。

欲求不満なのか疲れが溜まっているのか何なのか知りませんが、軽い大人向け恋愛激ショートストーリィをこのサイトのどっかに載せました(小説ページではありません)。
甘甘です。ハイ。乙女です。
まぁ、ここは18禁サイトじゃないので、緩いんですが。

最近、読書に走っているので執筆は全くしていません。
物書きにとっては、読書も勉強の一つなんで、許してやってくださいな。
早速影響が見られますね。森先生の。
『ストーリー→ストーリィ』とか。

アリスさんのような、登場人物の心情や人間性を描いた作風も好きだけど、森先生のような淡々とした無機質な作風もいいですね。どっちも読みやすくて好きです。

森博嗣・有栖川有栖
 ↑
乙一
 ↑
北村薫・恩田陸
 ↑
東野圭吾
 ↑
宮部みゆき
 ↑
赤川次郎

以上が私の読書歴。そのほかにもちらほらとは読んでいますが。
ここは、そろそろミステリィ書きになろうかな。推理小説ばかり読んでいるので。
いやいや、今度はゴスロリホラーか!?

・・・とか言いながら結局市販小説とはかけ離れた内容を綴るんですが。
これがオンラインノベルの自由度ですからね。
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-14 17:58 | 更新情報

森博嗣・・・。

いいなぁ、やっぱり。
まだ、S&Mシリーズの途中だけど。

これ読み終わったら、何読もう。
ちゃんと順番どおりに読んだ方がいいのかな。
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-14 00:38 | 小説

あたまがクラクラ

具合悪い。
ここ数ヶ月、風邪もひかずに毎日休まず研究室に通っていたのですが、この時期になって体調が悪化し始めました。

まぁ、原因はわかってるんですけどね。

貧血と寝不足。

ここ木曜金曜と早く帰っているのですが、どうもなかなかよくなりません。
昨日は3時過ぎに帰ろうと思ってたのですが、突然のお客様(学部時代の研究室仲間)がいらしたので、ついつい話し込んでしまい・・・

うーん。やっぱり夏休み取ろうかな。
体がついていかないや。

いっそのこと、熱でも出ればすぐに直るんでしょうが、きっとこの状態があと4・5日は続くんだろうなぁ・・・。
来週はせっかく、友達といっぱい遊ぶというのに。


頭が朦朧としているせいか、タイプミスが多いです。
もう、家に帰ろう。
そして、寝よう。
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-13 14:05 | つぶやき
というわけで、自己分析から始めたらいいのかな?

どっかのサイトに「自分史を作ろう!!」って書いてあったけど、それは2年前にやってしまいましたね。
自分史については、一時的にネットにて公開してたので(そんなもん見たい人はいないと思うけど)、気が向いたら「大学院時代」を付け足してこちらのサイトにも上げようかなと。
ほんと、つまらない人生ですが。

そういや、自分史見て気付きましたが、私がネット初めてから(初めてサイト開設してから)、もう2年が経ちました。
いやはや、時が経つのは早いものです。
そのころも確か、就職の2文字がちらついてたんですけどね。うっかり進学という道に逃げ込んでしまいました。
そろそろ、真面目に向き合うか。自分の将来のことなんだから。

私が望む職場というのは、ネタに尽きない職場です。
小説のネタになりそうな仕事がいい。
でも、あくまでも小説書きは趣味の一つ。これを仕事にしたいとは微塵も思いません。
これがもし、仕事だったら、今までのように気楽に楽しくというわけにはいかなくなるから。
仕事のために書くというのが、私には信じられないので。
期限までに、もらえる報奨金に見合った作品を仕上げるだなんて、そんなこと出来ません。
それに、金になるような文才は残念ながら持ち合わせていないので。

趣味は趣味。
仕事は仕事。
金や生活が絡まない次元で楽しめるのが趣味。

そう私は考えるので、だからこそ趣味を仕事にしている人を尊敬します。

さて、私は何を仕事にしようか。
出来れば研究職がいいな。それも、基礎研究。

あぁ、頭が痛くなる。
でも、考えないと。
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-12 20:01 | つぶやき
買っちゃいましたよ。BOOK○FFで2千円ほど。
森博嗣・森博嗣・森博嗣・森博嗣・有栖川有栖。

ついでに、かのamazonさんのところに、ブックレビューなるものを作ってしまいました。
いや、大したレビューはしていないのですがね。しかも、偽名の偽名で(笑
私って、名前を考える才能がないなと感じた瞬間でした。

レビュー

こんな感じですがなにか。

まぁ、気が向いたら付け足していこうかな。
それとも他のところでもおすすめ紹介してみようかな。
[PR]
by chiku-nao | 2005-08-12 00:50 | つぶやき