30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー

<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション
/ 東宝
スコア選択:



面白かったです。
クスクス、クスクス、といった笑い。
恩田陸さんの『ドミノ』のように、たくさんの登場人物が出てきて、最後に収束(?)するお話です。
まるで、演劇の舞台を見ているような二時間でした。


Wave (初回限定盤)(DVD付)
YUKI / ERJ
スコア選択:


最近、こればっか聴いてます。これと、GO!GO!の近距離恋愛。
どうやらこのアルバムの中で私が「おっ、いいな」と思った曲は、スキマスイッチさんが作った曲だったようです。
スキマスイッチ、好きだわ。
別にYUKIファンでもない私ですが、このアルバムは知ってる曲ばかりで聴きやすかった。
『ふがいない』がいいですね。耳に残ります。

YUKIちゃんに興味がある人には、オススメの一枚です。
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-29 20:58 | つぶやき

マウスの帝王切開。

Specific Pathogen Free =SPF
特定の病原菌がいないこと。
このSPF化された動物を作るための実験を、今日は見学してきました。

実験室に用意されているのは、透明の大きな風船のようなもの。
その中は無菌的になっていて、作業する用のゴム手袋が連結されています。
手を中に直接突っ込まずに、手袋を通して実験が出来るものです。
オペ用なので、左右両側から二人分の手袋が用意されています。

その中にいるのは、無菌のマウス。
この子は前の晩に子供を産んでいて、今回里親代わりになってくれるマウスです。
自分の本当の子供と一緒に、別の子供を育てさせようという試みです。

無菌的にしたいのは、外部環境で交配させたマウスの赤ちゃん。
生まれる前に帝王切開で子宮ごと取出し、消毒液のパイプを通して無菌空間に入れ、その中でピンセットで胎児を取り出します。
最後に胎児をこっそり里親のケージの中、本当の子供に紛れさせて完成。
あとは子殺ししないのを祈って育つのを待つだけです。

でも、マウスって、系統にもよるんでしょうが、子殺しするんですよね。
自分の子ですら弱ってしまうと食べちゃうし、人間の匂いがついた子供も食べちゃうそうだし、他のマウスの子供ももちろん食べちゃうし。
だから、いかに『自分の子だと錯覚させる』かが大事なんだそうです。

帝王切開で取り出したマウスに、里親の糞や匂いのついた床敷きを絡めて。

なかなか大変な流れです。
この後、上手く育っても、検査して病原菌が見つかってしまうと失敗ですからね。

トランスジェニックマウスをつくるのって、大変。
よかった。
動物実験は動物実験でも、使うのは細胞だけで。
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-28 21:31 | つぶやき
Strawberry shortcakes
魚喃 キリコ / 祥伝社
スコア選択:



映画がやってるんですね。
興味はあるんですが、誰と行っていいものか・・・。
一人で観にいこうかと思案中。

4人の女性の生き方を痛々しく描いた作品で、
暗く重いマンガなんですが、
最後にみんな少しずつ救われて、
そんなささやかな幸福が、コレ読んだら私の胸にも訪れるような・・・そんな作品。

気になるんだけど、躊躇する要因が2つ。

1つ目は、どうやら原作にないストーリーや登場人物が多数あるらしいこと。
映画なんだから全く原作通りってことはそうそうないのは分かっていても、
それでもあの世界観を壊されたらやだなって。

それとあと一つ。

だってさぁ、
どうやら激しい濡れ場があるらしいんだよねぇ。
YAHOOのレビューでも、男性の方から『AVみたい』と言わしめる○射シーンがあるとかないとか。
姉と行くのが無難だが、姉妹でそんなの見て、そのあとどうしようかと。

登場人物の一人がデリヘル嬢なんで、そんなシーンがあるのは仕方ないっちゃ仕方ない。
だけど、ちょっとそこが躊躇するんですよねぇ。
うん、まぁ、
一人で観にいくんならいいんだけど。

誰か、同じように観たいっていう人、いないかなー。
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-27 20:15 | つぶやき
昨日の夜、音楽チャート番組見てたら、

「今の、ごーごーの新曲!?」

ということで今朝、早速特設サイトに飛んで視聴してきました。
と思ったら、新曲だけでなく、アルバムも出すんですね~
気付くのが遅いって言う突っ込みはなしの方向で。

『近距離恋愛』ってシングルらしいんですが、これがまた今までにないくらいポップな感じで・・・。
でも私は、カップリングの『電話を取りたくない日』のが好きですね。
こっちのが、『らしい』感じがするから。

http://www.toshiba-emi.co.jp/capitol/gogo7188/
http://www.toshiba-emi.co.jp/capitol/gogo7188_kinkyori/

興味のある方は、コピペして飛んでいってください。

近距離恋愛
GO!GO!7188 浜田亜紀子 會田茂一 片寄明人 / 東芝EMI
スコア選択:


パレード(初回生産限定盤)(DVD付)
GO!GO!7188 / 東芝EMI
スコア選択:


どうやら、今までとは違う感じがしたのは、なんとかっていう別の人が作ったからのようです。
それから、GO!GO!7188のベスト出てます。
聴いたことない人は是非ここからどうぞ!
私もレンタルしようかな・・・。
ベスト・オブ・ゴー!ゴー!(初回生産限定盤)
GO!GO!7188 / 東芝EMI
スコア選択:
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-24 09:38 | つぶやき
小説のストーリーを考えていました。

だけどなんだか最近、ストーリーが思いつかない。
思い浮かぶのはキャラクターからだからなぁ。

たとえば・・・。

More
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-23 10:36 | 小説

そういえば昨日・・・。

カラオケで、しっとりとした歌を歌おうと思っていたのに、何故か喉が枯れるようなものばかり歌ってしまった・・・。
まぁ、久しぶりにジュディマリのDAY DREAMを歌って、ちょっとすっきり。

以下、昨日買ったマンガについて。

ハチミツとクローバー 10 (10)
羽海野 チカ / 集英社
スコア選択: ★★★



ハチクロ最終巻。
これで終わり?って感じでしたが、終始この世界観で突き通していたので、まぁいいかと。
最後の方は確かに駆け足でしたが、ダラダラするよりここらで終わったほうが良かったかも。
また一つ、私が追っていた作品が終了してしまって、さみしいです。

Nana (15)
矢沢 あい / 集英社
スコア選択: ★★



上とは対照的に、ダラダラと続いています。
最近、NANAを買うことに疑問を感じていますが、姉が読みたがっているので仕方なく買っているというところです。
だって、彼彼女らが別にどうなってもいいし、最終回がどんな感じで落ち着くのかだけしか興味が無いので。

最初はよかったのになー。
商業マンガってスタンスだからしょうがないんですかね。こうなってしまったのは。
矢沢さんの作品は、過去に遡るほど良作だと思うのは私だけなのか・・・。
それとも、今は大人になってしまったから、マンガが面白くなくなってきただけなのか。


ほんと最近、面白いマンガが少なくなりましたよね。
なんかこう、『続きが気になって眠れない!!』っていう作品に会ってない。
スラムダンクも、YAWARAも、BASARAも、寝る間を惜しんで一気読みしたというのに。
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-18 12:22 | つぶやき
昨日は研究室対抗球技大会でした。
種目は、ソフトバレーボール。

昨年から始まって今年が2回目なのですが、うちの研究室の去年の成績は最悪でした。
最初にリーグ戦して、上位2チームが決勝トーナメントへ、その他は裏トーナメントへ進むんですが、見事全敗してさらに裏トーナメントも一回戦敗退。
当時は4年生と先生の仲も微妙だったし、空気の重い球技大会でした。

しかし、今年は・・・。

リーグ戦は、初戦引き分け、2戦目は負けたものの、3、4戦目は見事勝利を収め、決勝リーグへ進むことができました。
ただ、決勝リーグの1回戦目であたったのが、のちのち準優勝することになったチーム。
残り1分の声がかかるまでは、1点リードだったのに、そこから立て続けに点を取られ、結局負けてしまいました。

でも、去年のことがあって、「一勝でもすればいいね」なんて言ってたので、今年は2勝もできてよかったです。


その後少し実験して、友達と飲みに行くことに。
研究室を出て一階のロビーを横切っていると、いきなり誰かに呼び掛けられました。

「あれ? なんで?」

私が4年の時の研究室仲間でした。
偶然、大学で開かれていたセミナーに参加していたそうです。
スーツ姿だったし、髪もさっぱりしてたし、全然気づきませんでした。

「俺いまさ、○○病院で薬剤師してるんだけど、そこに営業しにMがくるんだよね」

うそっ!! ていうか、この世界、狭いよ!!(医薬品業界が)

Mくんも、私の研究室仲間です。某製薬メーカーのMRをしているんですが、どうやらMくんの担当の中に、その病院も含まれていたようです。

本当に世の中、狭いですね。
かという私も医薬品商社。病院にも薬局にも、メーカーにも一応繋がりのあるところ。
仕事始めたら、案外知り合いにばったり、なんてこと、あるんでしょうかね。

More
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-17 11:41 | つぶやき
というありがたい講義を今週の月曜日に受けてきました。
我が教室、我が教授の大学院講義です。

たしかに、興味深い内容ではありました。

細胞は、普段から増殖を受けていて、ある抑制因子が働くことで増殖が止まる。
または、
普段、増殖することはないが、何かの促進刺激により増殖が始まる。

どちらが正しいのかはわかりませんが、教授は前者の意見を押していました。
私はというと・・・
まぁ、教授の話を聞いていると、そっちのような気もしますが、
少なくとも細胞増殖因子や神経栄養因子の刺激を受けると細胞って増えるので、どっちとも言えないような。

普段は増殖し続けている細胞に、そんな因子が働くことで増殖がさらに促進するのかもしれないです。
でも、小脳初代培養細胞を見ていると、あの細胞はほとんど増殖しないので、もともと増殖装置はOFFになっている気もするんですが。

たしかに世の中には、両方のパターンの現象が存在します。
遺伝子の転写に関しても確か、促進的な転写調節を受けているものと、抑制的なものとがあったはず。

突っかかり棒があるために、抑えられていた何かの衝動。
前を向いて歩き続ける人に、後ろから掛ける言葉。

ポジティブフィードバックと、ネガティブフィードバックです。
両方の調節機構が上手く働いているからこそ、私はこの世で生きていられる。
体の機能にしても、二つの機構が働いて、ホメオスタシス(恒常性)を維持している。

だったら、細胞の増殖云々もそうなんじゃないですかねぇ。
抑制する因子もあり、促進する因子もある。
二つのバランスにより、分裂期に入るかG0期(休止期)に入るかが決まる。

ねぇ、教授さま。
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-13 20:55 | つぶやき

『殺意の集う夜』読了。

殺意の集う夜
西澤 保彦 / 講談社
スコア選択:



伏線の張り方がすごいです。
最後の1ページまで衝撃的だったし。
まさに、殺意の集う夜でしたね。
いっぱい人が死んでるのに妙にコミカルで、私はこの手の作品好きなんだけど、人によっては『軽すぎる!』と思う人もいるかも・・・。

無駄なシーンがない作品を書けることにほんとに尊敬です。
最近の映画にしても、無駄な場面が目に付いたりするのですが。
私も見習わなきゃ・・・。
文章の量を増やすために無駄なシーンを書くことは、作者の自己満足でしかないですからね。
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-11 13:18 | 小説
久しぶりに土日2連休を取り、久しぶりに両日ともに外に出かけました。
土曜日は、お台場ヴィーナスフォートとフジテレビ観光。
日曜日は、映画『UDON』を観て池袋で姉とお買い物。
充実した2連休に大変満足です。

『UDON』は思ってた以上によかったです。
ユースケサンタマリア主演だし、くだらないだらだらした映画だと思っていたのですが、
まぁ、現にくだらない部分もありましたが、結構熱くて楽しくて感動もあり美味しそうな映画に仕上がってました。
ほんと、うどんが食べたくなって、映画見終わったあとのお昼ご飯はうどんにしたほどです。
(もちろん、讃岐うどんじゃないですが)

いっぱい笑えて、後味良好な作品ですね。
映画観て満足したのは久しぶり。
適度な笑いと適度に簡単な内容。
ゲド戦記難解なファンタジーより、こっちのが何倍もお金を払う価値があったってものです。

More
[PR]
by chiku-nao | 2006-09-10 21:25 | つぶやき