30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー

<   2006年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

とりあえず読了報告。

グラスホッパー
伊坂 幸太郎 / 角川書店
スコア選択:



んーと、まあまあですね。

・・・いい加減、この人の作品にも飽きてきたなぁ。
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-29 09:07 | 小説
昨日、ちょっと事情があり(先生方がいなくなる)、
後輩と一緒にランチに出かけることにしました。

場所は、プラチナ通り。
白金台駅に程近いその店は、なんとランチが1000円!
さらに、食べ放題、飲み放題です。

制限時間は1時間だったものの、まぁランチだからそのくらいなら丁度良く、
焼きたてのピザをたくさん食べて、おなか膨らませて帰ってきました。

うーん、白金で1000円は安い。
しかも、おなかいっぱいになれる。

また機会があったら、ここに来ようかな。
ちょっと、並んでたけどね。
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-28 09:13 | つぶやき
今日は、大学総出での一大イベントの日。

詳しくは知らないんですが、どうやら薬学部が4年制から6年制に変わるにあたり、4年から5年に進級する時に行うの臨床試験(調剤技術、服薬指導など)の、テストランを行ったようです。

分かりにくいですね(^^;
つまりは、進級試験の練習。

どこの薬科大も6年制になるにあたり、カリキュラム改正であたふたしており、ウチの大学も例外ではありません。
この試験の実施に関しても、まるで学祭前の学生のように、前々日の夜9時頃まで教授会とかしてました。
学生より恐らく、今日のテストランを運営する先生方の方が、慌ててた一日だったようです。
まぁ、テストランなので、学生は別に自分の成績に関わるわけでもないので、学生のがボランティア気分でやっていたようなのですが。

で、今日、私はそのバイトを頼まれていなかったので研究室の奥でのんびりしてたんですが、そこに意外な人物が。
私と同期の男の子が、カメラを持って研究室に入ってきました。

彼は、私の先生と仲が良かったため、ついでにうちの研究室に寄っただけだったようなのですが、実は『仕事』で来ていたようでした。
『仕事』でここにきたら、なんだか学校全体で大変なイベントをしていたので、ついでにこのテストランも『取材』したそうです。

『仕事』『取材』
確か彼の職場は、出版社(医療系のかな?)。
あの、【慶○大学と○立薬科大学合併】に対する、他の薬学部のコメントをもらいにきたようです。

いやぁ、頑張ってるんですね、みんな。
びっくりしましたよ。いきなりカメラもって、私の前に現れるんだもの。
私もあんまり話したことないから、「あれ、この人、知ってる気がする・・・」ってくらいで、最初思わず敬語で話しちゃったしさ(笑

なんか、確実に時間は流れているということを再確認した一日でした。
うーん、私だけ足踏みしているような。
・・・いや、やめとこ。こーゆーこと考えるの。
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-25 23:20 | 薬ネタ

読了報告

チルドレン
伊坂 幸太郎 / 講談社
スコア選択:



読みました!
今朝買って、今日読み終わりました。
やっぱ、サクサク読める小説はいいですねぇ~。
最近日常生活で頭使ってるから、頭使わない小説が好きです。
これはまさに、楽しく軽く読みたいときにうってつけの本!!

読後感は、とても爽やかでした。
久しぶりの、爽やかさ加減。
「あぁ、親子って、いいね☆」って感じですかね。

まぁ、いつもの通り、この人はオチが分かりやすいから、「これってもしかして・・・」ってやつが大体、「やっぱりね」になります。
でも、それでも楽しい。
研究室で一人、笑いながら読んでしまいました。

それから、最近のオススメマンガをひとつ。
『のだめカンタービレ』や『R25』をかもしているこの作品。
もやしもん 1―TALES OF AGRICULTURE (1)
石川 雅之 / 講談社
スコア選択:



とーにーかーくっ!!
菌がかわいいです!
A.オリゼーも、E.coliも、あのボツリヌス菌ですら可愛いです!

内容は、菌の見える農大生の日常と、作者の菌ウンチク。
お酒の造り方とか、妙な発酵食品とか、別に詳しくならなくてもいいものも、これを読めば詳しく慣れます。
でも一番、「私たちの日常に、菌は欠かせないものなんだなー」って再確認できるのがいいですね。
そうです。菌のいないところでは、人間は生きていけないんですよ・・・。


もう、かもされまくりです☆
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-23 22:59 | 小説

更新停滞中。

最近、じっくりパソコンの前に座る暇もないです。
しかも、慢性頭痛に悩まされているせいで、目を酷使するようなこと、あんまりしたくないし。

ということで、ブログの更新すらスローペースですみません。
まぁ、修士論文の締め切りが発表され、あせって落ち着きがないからなんですが・・・。


この時期になって、根本を覆すような実験結果が出たり、再現性が取れなかったり、有意差が出なかったり、
もう、頭を抱えることばかりです。

でも、それもあと数ヶ月。
ここまできたら、結果はどうあれ、頑張るしかないですね!!
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-22 09:24 | つぶやき
今日が普通じゃなかったことは、朝一番で友達からメールがきたところで気付けばよかった。

■ イレギュラー その1

今日は大学院講義があるかないか覚えていなく、とりあえずまったりくつろいでから家を出る。
「まぁ、どうせ、講義あっても、M1の子が先に来て準備してくれるでしょ」
しかし、電車に乗ってる間に、滅多に連絡取らないM1の子からメールが。

『電車が遅れているので、今日の講義の準備お願いします』

  えぇ!! こんな日に限って!?
  しかも、やっぱり講義あるの!?

気付けば、授業10分前に学校に到着するペース。
まぁ、10分もあれば講義の準備なんて出来ると、その時は思っていたのですが……。

■ イレギュラー その2

10分前に無事学校に到着。(M1の子も間に合いました)
そのまま急いで講義室へ。
鍵を開けて、教室を覗いて、思わず二人で絶句。

いつもきちんと正面向いて並んでいる机が、
なぜか、『コ』の字型に。
しかも、絶望的に机と椅子が足りない様子。

「私、事務室行ってきます!」

てことでM1の子が事務室行っている間に私は急いで教室の机を直すことに。
時計を見ると、授業開始まで、10分もない。
ようやく事務の人が来て、机と椅子を教室に搬入。
見るに見かねた他の聴講生達も、一緒になって机を並べ替えてくれました。
ほんと、朝から汗かきました。最近、寒いのに。

とまぁ、なんとか5分遅れで授業は始まり、これだけでも朝から非日常で参っていたのですが、
本番は、その日の午後にありました。

■ イレギュラー その3

今日は学生実習の日。
先生にお手伝いを頼まれていた私は、
「3時前に実習室に来て」と最初に言われ、
「あと30分で来て」と2時過ぎに言われ、
「今すぐ来て」とその5分後に言われました。

行ってみると、私を呼び出した先生はイライラモード。
「コレ」と無愛想にファイルを渡され、まぁ、仕事をするかと諦め、出欠確認を始めたのですが、
「そこ、邪魔だから奥に行って」
とまた冷たく言い放たれました。

こっちは仕事頼まれたからいったのに、その態度はちょっと……。
って、うん、まぁ、これは日常的なこと、だったな。
あの先生に関しては。

■ イレギュラー その4

メスシリンダーを割ってしまった。

これは、かなりショック!!
最近も、ビーカー割ったばかりなのに!

■ イレギュラー その4

今日のメインイベント。
すべては、この出来事の前兆に過ぎなかったんです。

More
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-20 23:10 | 研究室

卒業論文+大掃除終了。

やっと今の4年生と仲良くなったと思ったら、もうお別れです。
最後の卒論発表会も何事もなく無事に終わり、大掃除もやり忘れたところがあったものの、普通に終わり、とうとう現4年生とはさよならとなってしまいました。

去年はいろいろあって、あんまり学部生と仲良く出来なかったのですが、今年の子はみんないい子だったし、楽しい研究室ライフを一緒に送ってきたのになぁ・・・

研究室3年目(学部4年生、修士2年間)の私でもそう思うんだから、先生方は毎年これを繰り返してるんですよね。
知り合っては別れ、知り合っては別れ。
これじゃあ、最初っから仲良くならなくても同じじゃん。どうせ学校出たら二度と会わないだろうし。
・・・って思いたくもなっちゃいますね。

さて。今週末はさっそく、今度の特別実習生との顔合わせです。
私が経験する4代目の4年生(私が4年の時、修士1年、修士2年、それと)。
この子たちとは、私が卒業するまでの間の付き合い。
短い付き合いだし、きっと私は修論で忙しいから名前も覚えずに終わると思うけど。

ほんと、考えてみれば、4代もの4年生を見てきたんですねぇ。
そんなにこの学校にいたんだ、私って。
ちょっと、いすぎだったかな?


出会いもあり、別れもあり、
新しい先生が来て、古い先生が消えていく、
そして、私もあと数ヶ月で・・・

やっぱり面白い場所です。学校って。
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-20 08:25 | つぶやき

エンドレスでGO!GO!7188

パレード(初回生産限定盤)(DVD付)
GO!GO!7188 / 東芝EMI
スコア選択:




最初聴いたときは、
「なんか、GO!GO!らしいロックじゃない・・・」と思ってたんですが、
聴いているうちによくなってきました。
噛めば噛むほど味が出る、スルメのようなアルバム。

ララバイとランランランが好きですねぇ。
もう、ノンストップでまわしてます。

これで5枚目なんですが、毎回出るたびに印象が違う。
パンクロックだったり、かわいらしい曲調だったり、和ロックだったり、歌謡曲調だったり、大人っぽくなったり、
うん、面白い。

GO!GO!の、何がすきなんでしょうねぇ。
あの、古風(レトロ)な感じのメロディかなぁ。
歌い方かなぁ。
とにかく、落ち込んでいる時の、第一選択薬(曲)です。
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-15 00:14 | つぶやき

せめてここだけなら…

見てる人少ないし、いいよね?
ちょっとだけ、愚痴らせて。

more
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-10 23:20 | つぶやき
陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
スコア選択:




んーと、ね。
まぁ、面白かったよ、ところどころ。
大沢たかおも鈴木京香もかっこよかったし。
私は、銀行強盗のシーンが映像化されたことに満足。
小説の原作とは内容が変わっていたけど、まぁ、映画と原作は別物だからね。

ただ、やっぱり映画だと時間が限られているからか、登場人物の個性が出し切れていない感じがしました。
嘘発見器も、体内時計も、中途半端。
そして、映画特有の、邪魔な恋愛模様。なんで、成瀬と雪子なの?

個人的には、成瀬の子供や別れた奥さんのストーリーも組み込んで欲しかったし、
あとは雪子の『銀行強盗の下見』もちゃんとやってほしかった。
それから偽警察官との絡みももっとあってもよかったし、
何でも屋の道具ももっと上手く使って欲しかった。

欲を言っててもしょうがないですね。

でも、演説は面白かった。
強盗シーン、最後に机の上に乗って、丁寧に挨拶するところも、想像通りで満足。

娯楽映画ですね、コメディ。
オリジナルのストーリーはイマイチだったけど、キャストと強盗シーンで★3つです。
[PR]
by chiku-nao | 2006-11-09 12:40 | つぶやき