30まで残りわずかな独身女子が、仕事やら恋バナやら趣味やら妄想話やら何やらしょうもない日々を徒然と語ります。


by chiku-nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

卒業旅行第2弾、石垣島。
あいにく、4日間全て曇りということで、「石垣島で星やサンセットを見る」ということは不可能だったのですが、それでも綺麗な石垣島で、のんびりしてきました。

c0075195_12163177.jpg


川平湾の風景。
ほんと、もっと天気がよかったら、綺麗な海の色が分かるのに・・・
でも、砂もサラサラで、波もなく、水は透き通っていて、とっても綺麗でした。

c0075195_12205236.jpg


これは、西表島から由布島へ渡る時の、水牛(ゴンタ)のケツです。
のんびりのんびり水牛が歩いて向こう岸へ渡るまでの間、案内役のおじちゃんが、三線で「安里屋ユンタ」や「涙そうそう」など歌ってくれました。
水牛車に乗り合わせた人たちと、手拍子したり、合いの手いれたりして、都会では味わえない一体感を感じてきました。

c0075195_12264213.jpg


西表島のマングローブ。
マングローブって、根っこが不思議。
根っこで識別できるようです。
カクっと折れ曲がってたり、根っこが木の枝に絡まって体を支えていたり(支根っていうそうです)、板状の根っこだったり。
とにかく、これが日本とは思えないほどの、深いジャングルでした。

そして、石垣島でのご飯はというと・・・

c0075195_1231286.jpg


八重山そば、ソーキのせです。
私、沖縄そばを食べたことがないんですが、どうやら沖縄そばは平麺だそうで。
でも、こちら八重山そばは丸麺です。
ソーキはコラーゲンたっぷりで、やわらかくておいしかった。

c0075195_1233460.jpg


そして、石垣島で生まれ育った黒毛和牛、石垣牛。
タクシーの運転手さんに、「石垣牛は食べて帰れ」と言われ、焼肉の美味しい店を教えてもらってちゃんと食べてきました。
まじで、美味しかったです。
しかも、一人3000円くらいで満腹になれたし。

ごーやちゃんぷるーも、ヘチマも、ぱいなっぷーもちゃんと食してきました。
あと、海ぶどうも。
天気には恵まれませんでしたが、食生活に関しては満足だった、4日間でした。

できることなら、また夏頃に、行ってみたいです。
夏はさらに、海が綺麗だそうで。。。
[PR]
by chiku-nao | 2007-03-29 12:36 | つぶやき
大学のお友達と、院生終了記念も兼ねて、ディズニーに行くことにしました。
それも、一泊二日の小旅行。
泊まるは、ホテルオークラ東京ベイ。

初めて、
「このまま満員電車で現実に引き戻されることはないんだぁ」
という、日帰りで帰る人たちへの優越感を抱きながら、ホテルにチェックイン。

more
[PR]
by chiku-nao | 2007-03-11 20:36 | つぶやき

速報です。

おわりましたー!!!

まぁ、最初はやっぱり緊張から始まりましたが、途中から落ち着いてきたし、一応、質問にもあまり詰まることなく答えられたし、
とにかく、悔いが残らない発表だったかというと、なにか心に引っかかるところもありましたが、

とにかく、
とにかく、
修論発表終わりました!

これで、あとは主査の先生の機嫌を損ねない限り、院生は修了できます。
ほんと、この2年間、長く感じられましたが、終わってみると実にあっさり。
もっともっと、頑張ればよかったと思うところも、本当に多々ありますが、これでも私は頑張ってた(つもりな)ので、今のゴール地点は、今の私の精一杯のところなんでしょうね。
とにかく、私はこの日を逃げ出さずに迎えられたことだけで、自分に拍手です。
よく頑張ったよ、私。

あぁ。
泣きながら修論書いた夜のことも、泣きながら実験したあの日のことも、
泣き出しそうになりながら先生と討論したことも、泣き喚きながら親と喧嘩したあの夜も、
全て、その時点では「こんな暗闇からいつ抜け出せるんだろう」と思っていましたが、
今となれば、すでに過去のこと。
ただ、それを乗り越えた終着点が、コレなのかぁ、という、ちょっとした物足りなさも、発表終了直後の今、感じていることでもあったり。

じわじわと、実感がわいてくるのかなぁ。
今は意識が朦朧としているから、よくわかんないなぁ。いろんなことが。
[PR]
by chiku-nao | 2007-03-06 12:25 | 研究室

二晩寝たら本番なのに。

渋谷で映画鑑賞してきました。
姉が好きな、安野モヨコ作品、『さくらん』です。原作はこちらです。
さくらん
安野 モヨコ / / 講談社
ISBN : 4063348296
スコア選択:



なんといいますか、えっと、
あれは、本当に菅野美穂だったのかなぁ、と。
あんなに豪快に脱いでましたけど。。。
いや、すげーよ。女優さんって。
花魁モノだけど、どこまでやるんだろうと思ってたら、案外頑張ってましたね。
この映画、R指定じゃないはずなのに。子供も観てたのに、いいのか?
↑PG12指定でしたね。それでも、子供に見せる親って・・・。


まぁ、たいして良かったってほどではなかったんですが、
清次の気持ちを考えると、かわいそうで涙が出そうなところも。。。
終始、土屋アンナと椎名林檎の映画でしたが、まぁ、うん、まぁまぁでしたね。

それにしても、なんか私、最近映画館で観た映画が、
『かもめ食堂』→『間宮兄弟』→『UDON』→『さくらん』
っていうのは、どうなんだろう。
DVDで観たのも、『有頂天ホテル』だったし。
邦画しか見てねぇや。
この、洋画嫌いが!
[PR]
by chiku-nao | 2007-03-04 23:23 | つぶやき

近況報告です。

もう、今週も木曜が過ぎてしまいました。
五日後が本番です。

今日は夜9時から一人で三回は繰り返し練習しました。
まだ原稿覚え切れてないけど、これなら明日の舞台での練習までには、覚えられるかな。
「ラジカル除去作用」が上手く言えないのが困るんだけど…
サ行、苦手なんだよね。


あとちょっと!
あとちょっと!

もうあとは、自分で自分を励まして、騙し騙し進むしかないでしょ!

あぁ、ホント、待ち遠しい…
修論発表後に控える、
ユメノクニとユメノシマ。
[PR]
by chiku-nao | 2007-03-01 22:42 | つぶやき